FC2ブログ

【栃木県議会<海外行政調査団>報告】その6

【栃木県議会<海外行政調査団>報告】その6
 
 日  時:2017年10月26日(木)
 場  所:Turmforum Bahnprojekt Stuttgart-Ulm

こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookでの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

行程5日目の26日。24日からの宿泊先、シュトゥットガルトはドイツ南西部に位置するバーデン=ヴュルテンベルク州の州都にして人口60万人を擁する、ダイムラーやポルシェ等の世界的カーメーカーの本社も置かれる工業都市のひとつ。大気汚染が深刻化したことに加え、盆地という地勢的な短所をも解消するため、1980年代頃から市民と行政のパートナーシップによって、緑化をはじめとした環境配慮と自動車および公共交通機関の両立を目指し、取組を続けてきたとのこと。すでに住宅街の多い郊外から中心部に移動する路面電車は狭軌から標準軌のUバーンに改め、中心部においては地下鉄化を推進、さらには従来から郊外と中心部間を結んでいた鉄路Sバーンの乗り入れや、各駅におけるバスネットワークとの結節を強化・充実させ、周辺地域から中心部への移動の利便性向上と中心市街地の緑化、さらには歩行者空間の確保などを実施している。特にここでの調査項目は着工真っ只中の、1993年に発表された「シュトゥットガルト21計画」。1日の発着列車数は590本、同じく乗降利用者数は24万人を誇る、ヨーロッパに多く見られる完全な折り返し地点=“ 始発・終着型(たとえばJR上野駅の1階部のような…) ” だったシュトゥットガルト駅を、必ずしも折り返しを行わずとも発着が可能な “ 通過型(実際はほとんどが通過せず、むしろ停車させるターミナル化を目論んでの結果であろうが…) ” に改め、他都市との往来の利便性向上を図るとともに、さらに同時に地下化を施し、その結果として地上部に生じる約100haにおよぶ既存の鉄道敷地と併せて周辺地域を一体的に再開発する、まさに “ ヨーロッパの中心 ” としての発展を目指す、実に壮大な都市整備プロジェクトだ。また他都市との間を結ぶ幹線は戦前からの古い路線も多く残っているため、今後もトンネル等を多用し可能な限り直線的な路線とするなどの幹線再編計画「シュトゥットガルト - ウルム鉄道プロジェクト」も同時に展開されている。盆地なだけにトンネル化を図る上では、平地よりは用地買収の必要性が少なく済むという強みもあるようだ。しかし、すでに着工が始まっていた7年前、工区内の公園にあった市民に永年親しまれてきた老木を多数伐採することが不可避となった折には、市民による大規模なデモも行われたという… そうした経緯もあり、私たちが調査会議を行ったシュトゥットガルト駅舎には2010年からオープンハウスが開設され、専属の解説員による懸命な活動が今もなお続けられている。私たちの解説に当たっていただいたG女史の「こうした市民への、丁寧な説明が(行政がスタートさせるタイミングが)遅過ぎた…」と、説明の合間に呟いていたのが印象的だった… 街の発展は誰もが望むところであろうが、ここでも(こちらが、敢えて質問せずとも)常に市民理解の重要性やあくまでも行政とのパートナーシップに拘る、壮大なプロジェクトの推進と表裏一体とも言える、謙虚な姿勢の必要性を先方から見せ付けられた調査となりました。

#栃木県議会 #海外行政調査 #ドイツ #シュトゥットガルト #シュトゥットガルト21 #都市環境政策 #交通政策

栃木県議会<海外行政調査団>報告その6①



栃木県議会<海外行政調査団>報告その6②

栃木県議会<海外行政調査団>報告その6③

栃木県議会<海外行政調査団>報告その6④

栃木県議会<海外行政調査団>報告その6⑤

栃木県議会<海外行政調査団>報告その6⑥

栃木県議会<海外行政調査団>報告その6⑦

栃木県議会<海外行政調査団>報告その6⑧

栃木県議会<海外行政調査団>報告その6⑨

栃木県議会<海外行政調査団>報告その6⑩

栃木県議会<海外行政調査団>報告その6⑪

栃木県議会<海外行政調査団>報告その6⑫

栃木県議会<海外行政調査団>報告その6⑬

栃木県議会<海外行政調査団>報告その6⑭

栃木県議会<海外行政調査団>報告その6⑮

栃木県議会<海外行政調査団>報告その6⑯

栃木県議会<海外行政調査団>報告その6⑰

栃木県議会<海外行政調査団>報告その6⑱

栃木県議会<海外行政調査団>報告その6⑲

栃木県議会<海外行政調査団>報告その6⑳
関連記事
スポンサーサイト



tag : #栃木県議会 #海外行政調査 #ドイツ #シュトゥットガルト #シュトゥットガルト21 #都市環境政策 #交通政策

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤たかあき【栃木県議会議員】宇都宮市・上三川町選挙区/4期目(無所属)【連合栃木】議員懇談会 幹事長【UAゼンセン】栃木県支部 政治顧問

Author:斉藤たかあき【栃木県議会議員】宇都宮市・上三川町選挙区/4期目(無所属)【連合栃木】議員懇談会 幹事長【UAゼンセン】栃木県支部 政治顧問
↓こちらからも、ぜひ ↓

斉藤たかあき公式サイト

↓ リアルタイムな発信は ↓

斉藤たかあき公式 Twitter

斉藤たかあき公式 Facebook

↓ こちら試行中… ↓
↓ でも、ぜひぜひ ↓

斉藤たかあき公式 Instagram

斉藤たかあき公式 YouTube

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

●性格は有言実行タイプ。自分では、即断即決タイプだと思っている。心身ともに、とにかくタフ!そして大胆!でも意外に繊細かも…!?
●家族は、妻と子供3人(2女1男)と父とワンコ①
●血液型は、AB型
●スポーツ歴は ↓
・器械体操(小)ソフトテニス(中・高)軟式野球(大)
・ゴルフは、お付き合い程度…
・最近1日およそ1万歩のウォーキング!⇒ 季節の移ろいなど自然観察が存分に楽しめるのでハマる…
●空(特に積乱雲)天体(特に流星群)動物・植物・昆虫等々、興味津々 ^^
●古墳・石碑・神社仏閣等の歴史由緒や鉄道跡・河川跡等を探るのが好き。
●ラーメン・そば・うどん等、麺類全般が好物 ^^ 酒は、平均以上(笑)

1972年2月23日
宇都宮市東塙田に生まれる。市立東小学校~同陽北中学校~県立宇都宮高等学校を経て、日本大学法学部政治経済学科卒業/秋山和宏ゼミ12期生(政治過程論)
1994年3月
衆議院議員やなせ進事務所に入所
1998年7月
参議院議員やなせ進公設秘書に就任(~2007年2月)
2005年10月
国会議員政策担当秘書の資格を取得
2007年4月
栃木県議会議員(宇都宮市・上三川町選挙区)6位 初当選
2011年4月
栃木県議会議員(宇都宮市・上三川町選挙区)当選/2期目
2015年4月
栃木県議会議員(宇都宮市・上三川町選挙区)当選/3期目
2019年4月
栃木県議会議員(宇都宮市・上三川町選挙区)当選/4期目

<現在の主な役職>
・栃木県武術太極拳連盟 会長
・宇都宮市太極拳協会 会長
・オール栃木アームレスリング連盟 会長
・栃木県ボディビル・フィットネス連盟 会長
・宇都宮テニス協会 会長
・宇都宮西部地区学童野球交流会 顧問

・赤帽栃木県軽自動車運送協同組合 顧問

・宇都宮市立田原中学校PTA 顧問
・宇都宮市立田原西小学校地域協議会 会長
・宇都宮市東地区体育協会 顧問

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR